フラワーガーデン花音

営業時間は10:00~18:00ですが、11月~来年2月まで17:00閉店となります。  定休日なし(1月・2月のみ水曜日が定休日となります。)

タグ: シッサス

ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    



巷では、珍奇植物が流行っていますが、
珍奇なのは、多肉ばかりじゃありませんよ~っ!!
ってコトでこんなのはどうでしょうか?!
111206

111207

111210

111208

111209
コプロスマ アケロサ ゼブラ

ニュージーランド原産のアカネ科コプロスマ属の常緑低木、
這うタイプのコプロスマです、新入荷しました。
いやぁ珍奇ですね、珍奇。
爆発的に人気の出るようなプランツではないですが、
見る人が見れば、「オッ!!」ってヤツですね。
とりあえず、お持ち帰りしてオサレポットに植え替えてやってください。
これは化けますよ、ヒゲオヤジ面してますけど。w


ついでにコチラのコプロスマもどうぞ。
111211

111212

111213

111214

111215
コプロスマ ブルンネラ

もうお馴染みのコプロスマですが、
こちらもなかなかの珍奇さです。
ピンクステム、アケロサと合わせて、珍奇枝物御三家といったところでしょうか。w
キレイなブラウンゴールドの枝をワサワサ伸ばして成長します。
ハンギングにすると面白いです、半日陰のうちのお庭でも1m以上伸びてワサワサになりました。
半耐寒性ですが、関東以南であれば屋外管理で大丈夫です。


最後は、珍奇ではありません。
オーソドックスに人気のツリモノです。
111201

111202

111203

111204

111205
グレープアイビー

ブドウ科シッサス属のグレープアイビーです。
なんかホッとしますね、珍奇なのと比べると・・・w
ツヤのあるグリーンの葉と、しなやかに伸びるツル
お部屋にあると癒されますよ、ホント。
シッサスですから、耐寒性は弱いですが、5℃ぐらいまで大丈夫なので、
普通の観葉植物的な扱いでOK!です。
過湿には弱いので、少し乾燥気味に育ててください。




ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    



ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    




ツルモノとツリモノ、
似たもの同士・・・っていうか、仕立て方次第ですね。w
どちらも、現在、とても人気があります、インドア、アウトドア問わず。
吊ったり、垂らすだけで、その空間が少しオシャレになるような気がします。

と、いうワケで今回はツリモノから。
100701

100702

100703

100704

100705
シッサス ディスカラー(セイシカズラ)

ブドウ科シッサス属、シュガーバインやエレンダニカなど人気のツリモノ系のお仲間です。
少し細長いハート型の葉っぱにシルバーグレーの斑入り、
葉裏が赤紫色でそのコントラストがとても美しいです。
この葉っぱは、昼間は立ち上がり、夜間は垂れ下がるという性質を持っています。
垂れ下がったからといって、お水をやりすぎると蒸れてしまって根腐れを起こすので注意です。
熱帯の植物なので、耐寒性が弱く、寒い季節は最低12℃以上で管理してください。
日当たり良く、なるべく風通しの良い場所に置いてください。
水やりは少し乾燥気味、多湿厳禁なので、土がしっかりと乾いてから水やりしてください。
冬場はより乾燥気味に、土が乾いてから2~3日後に水やりしてください。
吊り鉢仕立てにすると風通し良く育てられるのでオススメです。


お次はツルモノのコチラ。
100706

100709

100707

100708
インディアン ストロベリー

コレってアレですよね~っ?!
そうそうアレです!アレ!ヘビイチゴ!!
金運を呼ぶヘビイチゴです!!ホントかなぁ?!w
黄色い花が咲き、赤くて丸い実をつけます。
ランナーを伸ばしてどんどん広がるので、グランドカバーにオススメです。
うちにも山採りのヘビイチゴがありますが、ガンガン広がってます。
ちなみにうちの庭は日当たりは良くありません。
よく、日当たり良い場所じゃないとダメ!とかってありますけど、どうなんだろう?!
ガチガチの日陰じゃなければ、トライしてみても大丈夫だと思います。
そのうち日の当たる方にランナーを伸ばして広がっていきますから。w
寒い場所でも大丈夫、最低気温-10℃ぐらいまで耐えます、強いです。



ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    




このページのトップヘ