フラワーガーデン花音

営業時間は10:00~18:00ですが、11月~来年2月まで17:00閉店となります。  定休日なし(1月・2月のみ水曜日が定休日となります。)

カテゴリ : インドアグリーン

・・・メンズだけってワケでもありませんけどね。w
なぜだか、トンガリ系にハマるメンズは数多くいるようです。
かく言うワタクシも多肉初期はアガベだったりディッキアだったりでした、
ハオルチアもトンガリ系好きですし・・・

こちらをぽちっとしてね。



と、いうワケでアガベたちです。
092901

092902
普及種ですが、色々なアガベたちが入荷しました。

092903

092904
アガベ 雷神

092905

092906
アガベ スルビーマテピエンシス

092907

092908
アガベ デザートシンプレックス

092909

092910
アガベ 吉祥冠

092911

092912
アガベ クリサンタ

どうですか?
色々と並べるとなんかいい感じです。
微妙な違いが際立つので見ていて面白いです。

育て方は、一般的な多肉植物と同じで、
風通しの良い場所で太陽によく当てる・・・
長雨にあてない・・・
もう、みなさんご存知でしょうから、
もういいですね。w

アガベは、多肉植物の中では耐寒性が強いので、
非常に育てやすい種です。
うちでは放置です。w


こちらをぽちっとしてね。



人気のつづくインドアグリーンですが、
そろそろ次の展開が欲しいところなんですよね・・・(かなり個人的にw)

ひと昔前なら、曲がりのウンベラータやコウモリラン(品種問わず)あたりで
まっ、いいか!オシャレ!って感じでしたが、
最近はなかなかそうもいかない気がします。
そのあたりから珍奇植物ブームみたいなのも来てたりするんですが、
そこの敷居がなかなかの高さ、グレートウォールです。w

葉っぱ好きなら、アグラオネマやカラテア、アロカシア、フィロデンドロン
などなど色々あるにはあるんですが、今一歩普及種に面白いものがないです。
アグラオネマのピクタム・トリカラーレベルの美しさが欲しいとか思ってしまいます。(無茶言ってるw)
生産者さん、もうちょっと頑張ってください!!

ではでは、ゴチャゴチャ言いましたが、紹介するのはコチラです・・・
090301

090302

090303

090304
フィカス ベンガレンシス オードリー

おいっ!普及種やないかいっ!って突っ込まれそうですけど、普及種です!!
ベンガレンシスは、幹の白さと葉の緑のコントラストが美しいです。
バランス的には若干葉っぱが大きいような気がしますけど・・・
普及種の中では、かなりのロングセラーではないでしょうか?!
幹の白さがナチュラルなインテリアによく馴染みます。
育て方は、一般的な観葉植物と同じ、日当たり良く(室内レベルで)、土が乾いたらお水をあげる・・・
ごく一般的な育て方です。冬はお水少なめ乾燥気味に、エアコンなどで空気が乾燥してるときは葉水をあげてください。耐寒性は弱く、8℃以下にならないように注意してください。
ゴムの木、個人的には意外と好きで、クネクネと曲がり仕立ての小さなゴムを育てております。
かわいいです。
仕立て方次第ではお部屋のシンボルツリーにもなる逸材なんですよ、ゴムは。


では、お次のプランツは・・・
090305

090306

090307

090308
クルシア(斑入り)

肉厚で丸っこい葉が特徴のクルシアです。
斑入りの珍しいタイプです。
なんだか黄色い葉っぱを見ると「縁起が良い!!」と頭に浮かぶようになりました・・・職業病でしょうか?!w
育て方は、上記の一般的な観葉植物と同じですが、こちらも耐寒性は弱く10℃以上を保つようにしてください。
低木で葉がたくさんつくタイプの観葉植物なので、コンパクトながらボリュームが出ます。
お部屋のポイントにどうぞ。


・・・オマケ
090301
少し前にあったイベントにて。
面白いカラーリーフ発見しました。
これ、ユーフォルビアなんですが、色柄ともにバリエーションがあって素晴らしいです。
こんなのが普及してくれたら、楽しくなるんですが・・・





ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓






名古屋であった展示会に参加してきました。
この時期ですから、若干規模は小さかったみたいですが、
それなりに今のトレンドを反映したプランツがチラリホラリ。
楽しい展示会でした。

それでは、その一部をどうぞ。
082701

082702

082703

082706
人気のオージーたちです。
さすがにいいものは瞬殺です。
バンクシアも色々な種類が出品されていました。
小さい苗もあって、個人的に欲しかった・・・。(涙)

082705
会場でひと際目立っていたのが、この大きくて真っ白なユーカリ。

082707
こちらがそのユーカリの苗たち。
まだ白さもほどほどですが、ユーカリだしすぐ大きくなるだろうから、
このサイズでもいいです、欲しいです。

082704
デカい!ギネス級!世界最大!
ポップにはトトロが持ってる葉っぱみたいなコトが書いてありましたけど・・・

082714

082710
根強い人気のコウモリランもいいのがたくさん。
リドレイ、さすがにかっこいいですね。

082708

082709
流行りのフォルムですね、この二種は。(笑)
いわゆる”観葉植物”の中でも面白いものはけっこうあります。
ガッツリ塊根じゃなくても、それなりにカッコイイものありますよ。

082711

082712
コチラは、ガッツリ塊根系でしょうか。
ガッツリなフォルムにガッツリなプライス!!
欲しければ探しますけどね。

082713
最後はオバケ系。(笑)
人気急上昇中です。
某イベントでも多数見かけましたが、人気ありますよ、このオバケたち。

どうでしたか?!
なかなか楽しそうな展示会でしょ?!
ご紹介しましたプランツが入荷するかは???ですけど。
(タイトルに答えが…)




ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓





今週はトンガリ系でいきます。
どちらもシャープなイメージで人気があります。
ナチュラルやカントリーな雰囲気のお部屋よりも、
シンプルでカッコイイ系のインテリアに合うプランツです。

こちらがユッカ。
081901

081902

081903

081904
ユッカ エルミラ(斑入り)

人気の観葉植物ユッカの斑入りのエルミラです。
コンパクトに姿良く仕立てられていて、置き場所に困らないですね。
シャープな葉っぱに薄いグリーンのラインが入っていてキレイです。
ユッカは観葉植物の中でも寒さに強く、育てやすいので、
インドアグリーンのビギナーさんにもオススメの品種です。
日光が大好きなので、できるだけよく日光の当たる場所に置いてください。
水やりは、冬以外は土の表面が乾いたらたっぷりと、
冬は土が乾いて4~5日してからあげてください。
基本的には少し乾燥気味に育てるのが良いです。



はい、お次はアガベね。
081905

081906

081907

081908
アガベ ストリクタ(吹上)

アガベやアロエは、メンドクサガリ系の人たちに大人気です。
だってとても強健ですからね。
なんでも枯らしてしまう人が最後にたどりつくプランツです。(そこまで?!笑)
寒さにも強く関東以西であれば周年屋外管理が可能です。
もちろん、長雨にあてないなど、他の多肉植物などと同じく過湿には注意が必要です。
あっ、日光は大好きです・・・書くまでもないですけどね。
くれぐれも尖った葉先には注意してください、痛いです。





ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓




なんかカッコイイ響きのカタカナタイトル・・・
ピーンとくるヒトは、なかなかの植物ツウでございますね。
見れば、「ああっ!コレねっ!」って感じですけど・・・

では、フィッシュボーンから。
081306

081307

081309

081308
フィッシュボーン カクタス

なかなかの暴れ具合が、ゴジラに出てきそうな怪獣ルックのコイツ、
皆さんご存知フィッシュボーンカクタス、葉っぱが魚の骨のようなフォルムです。
葉っぱが伸びるとビヨーンと垂れた感じになるのでハンギングにしてもカッコイイです。
育て方は、サボテンなので乾燥に強く育てやすいです。
置き場所は、直射日光をさけた明るい室内や戸外の半日陰などが適しています。
サボテンだからといって、強い陽射しガンガンだと枯れますので注意!!
観葉系のサボテンは意外とデリケートな部分もあります。



ネザーランドはコイツね。
081301

081303

081305

081304

081302
プラティセリューム ネザーランド

はい、コウモリランです。
ネザーランドはコウモリランの中でもポピュラーな品種です。
その分お値段は控えめなので、初めてコウモリランを育てる方にオススメ。
コケ玉仕様ですので、お水やりはバケツにドボンでOKですしね。(笑)
日当たりは好きな方ですが、強い陽射しを浴びると葉焼けを起こすので注意。
あと、風通しの良い場所で育てるのがポイントです。
耐寒性は熱帯育ちですから弱いです、冬場は10℃以上の場所で管理してください。
冬場の水やりは乾燥気味にし、月に1~2回程度でOKです。




ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓


このページのトップヘ