フラワーガーデン花音

営業時間は10:00~18:00ですが、11月~来年2月まで17:00閉店となります。  定休日なし(1月・2月のみ水曜日が定休日となります。)

カテゴリ : 多肉植物

 暖かい一日でした。
お庭に出ての作業もはかどりますねー✨

11月1日より閉店時間が17時となります。(11月1日~2月28日)


ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    





レンゲローズ


DSC_0848



存在感のある

DSC_0854

【アガベ 吉祥冠錦 / アガベ ポタトルム 斑入り】
ロゼット状の立ち上がる姿が美しい多肉植物
メキシコ原産
刺にご注意ください!
棘のあるアガベは風水効果も、、、
邪気を払ってくれるそうです。
上向きに伸びる葉っぱは、陽の気、気を活発にしてくれます。
そんなおめでたい植物です。



こちらも葉っぱがシルバーで目立つユーカリ プレウロカルパ


F67C8931-D580-4692-A7B8-00A2376F9D52




B0A24751-5FBF-4DC3-9432-E886CB9ACA99


ではまた。



・・・メンズだけってワケでもありませんけどね。w
なぜだか、トンガリ系にハマるメンズは数多くいるようです。
かく言うワタクシも多肉初期はアガベだったりディッキアだったりでした、
ハオルチアもトンガリ系好きですし・・・

こちらをぽちっとしてね。



と、いうワケでアガベたちです。
092901

092902
普及種ですが、色々なアガベたちが入荷しました。

092903

092904
アガベ 雷神

092905

092906
アガベ スルビーマテピエンシス

092907

092908
アガベ デザートシンプレックス

092909

092910
アガベ 吉祥冠

092911

092912
アガベ クリサンタ

どうですか?
色々と並べるとなんかいい感じです。
微妙な違いが際立つので見ていて面白いです。

育て方は、一般的な多肉植物と同じで、
風通しの良い場所で太陽によく当てる・・・
長雨にあてない・・・
もう、みなさんご存知でしょうから、
もういいですね。w

アガベは、多肉植物の中では耐寒性が強いので、
非常に育てやすい種です。
うちでは放置です。w


こちらをぽちっとしてね。



斑入りを愛でるというのは、
そもそも日本の文化でした。
江戸時代に花開いた園芸文化は、
それはそれは、たいそうなブームだったそうで・・・

みたいなハナシはさておき、
今日の主役は多肉です。
それも珍しい斑入り品種2種です。

ジャジャーン!!
092401

092412

092402

092403

092404
プロリフィカ錦

ジャジャーン!!のわりには見た目普通なカンジですが、
人気の小型エケベリア、プロリフィカの斑入りです。
よく似たカンジのプロリフェラってのもありますが、あっちはセダム、
こっちはエケベリアです。
ランナーを出して子株を増やすタイプです。
かなりモヤシっ子的な育ち方をしていたみたいなので、
あまり色が出ていないですが、キッチリと斑は入っています。
ガンガン日に当てて育ててみたい、増やしてみたい品種ではあります。
ガンガンはマズイか・・・
なかなかレアです。



お次の、ジャジャーン!!
092405

092406

092407

092408

092409
姫秋麗錦

漢字だと固いっ!!w
(姫秀麗←こっちじゃないの???)
お馴染みのグラプトペタルム属ヒメシュウレイの斑入りです。
グラプトいいですね、強いし増えるし好きですね、強い子は。
こちらも色が出てませんが、徐々に日に当ててやると発色も良くなるはず・・・
当てすぎると先祖返りしそうで怖いですけど。
あとは、培養土をもっとキツイ感じ・・・赤玉より日向や軽石を増やしてやると、
もう少し締まっていいカタチに育ちますよ。
こちらもレアですね、現在。w


オマケ・・・
092410
他にも少しレア多肉入荷中です。
これからの季節、じょじょに入荷増やしていく予定です。
予定は未定ですけどね。w



ログ更新、頑張っています。
今週もポチっとクリックお願いいたします。    



『リトープス』
キモ可愛いと人気のリトープス。
冬型の多肉なので、夏は直射日光の当たらない涼しい所に置きましょう。
夏以外は日の当たる所で。
6月~9月は水やりは控えめにします。
DSC_3507



『カランコエ・プミラ』
夏は半日陰で風通しの良い場所を好みます。
他の季節はとにかく日当たりの良い所で育てましょう。
春にはピンクの可愛い花を咲かせます。
DSC_3485


『タイトゴメ』
日当たりの良い所で育てましょう。
日陰ではうまく育ちません。 
DSC_3488
 





ログ頑張っています。
皆様に応援していただけると嬉しいので
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓











アロエと言えばこの2つでしょ?!
そこそこの普及種で、姿形がカッコ良くて、
お値段もそこそこ・・・ここ数年でかなりこなれた値段に落ち着いてきました。
育て方も多肉の部類ではかなり簡単、なにより強い!枯れない!です。
アガベなんかもそうですが、トンガリ系は強いです!!
高いお金出したのに、溶けちゃったみたいなコトにはなりませんから。(笑)


では、こちらのアロエから。
070701

070702

070703

070704
アロエ ディコトマ

はい、ディコトマです。
南アフリカ原産のアロエ最大品種、大きいものは10mにもなります。
がっちりとした木の感じがカッコイイ品種です。
育て方は、日当たりの良い風通しの良い場所で乾き気味に育てます。
屋外でも大丈夫ですが、長雨には当てない方が良いです。
真夏の直射日光は葉焼けしてしまうので避けてください。
真夏や真冬は水を控えめにしてください。



で、つぎのアロエはコチラ。
070705

070706

070707

070708
アロエ ラモシシマ

ディコトマときたら、つぎはラモシシマでしょ?!
枝分かれしたこの姿、カッコ良すぎです。
ディコトマより、少しシュッとした感じがスタイリッシュです。
カッコイイ陶器鉢に入れてディスプレイしたらオシャレなインテリアグリーンに。
育て方はディコトマと同じです。
基本、寒い時期以外は屋外で育ててやるとよく育ってくれます。
挿し木はできますが、なかなか根っこがでないです。
人気の塊根類もいいですけど、トンガリ系もまだまだいいですよ。




ログ毎日更新で頑張っています。
皆様に応援していただけると嬉しいです。
今週もポチっとクリックお願いいたします。
    ↓




このページのトップヘ